ファッション作家TRINITAS「佐々木 亮太郎」Ryoutaro Sasaki

ファッション作家 TRINITAS「佐々木 亮太郎」Ryoutaro Sasaki

不安になりながらものは作らない

「佐々木」氏は、「着回しツナギ」をパターンから縫製まで全て自身で製作している作家だ。

彼が展開している「着回しツナギ」とは「ツナギにジッパーを挟み込むことで、トップス・ボトムスそれぞれのパーツへも変換し、着用できる」又、「ジッパーの使用によって今までのツナギでは出来なかったコーディネートや着回しを可能にし、かつ、着脱の不自由さの軽減も実現する」とのこと。

そんな彼がアーティストとして最も大事にしていることは「不安になりながらものは作らない」ことという。

「自分に自信を持ってものを作りたいと思っています。他人がどう言おうが、自分が好きなことを当たり前のように突き進めていきたいですね」と語る彼はしっかり、まっすぐに自身の信念を持っていた。

完成した作品からさらに出来上がり続けるデニムが好き

デニムにこだわる理由について彼は「単純に好きだから」と答えた。

「他の素材と比べ、デニムはちょっと特別です。風合いが変わってきてもそれが’味’と言われるので…、例えば他の素材のものが破れたり、変色してきたりすると着れなくなりますが、デニムだけは破れてもそれがカルチャーとして受け入れられるから」、「僕はここで完成品としてものを作っているけど、僕の手元から離れた後にも作品が出来上がり続けるということが面白いんです。だからあえてダメージ加工はしていません。」と語る彼の姿から、デニムへの愛が感じられた。

又、作品が完成した後のこともしっかり考え、作品を作品として終わらせない彼の’思いやり’に感動した瞬間でもあった。

デニムは他の素材より扱いにくく、インディゴ染めという特徴もあり、制作している間に手が真っ青に染まったり、お客様からのクレームのもとになる可能性が高い素材であるにも関わらず、彼がデニムにこだわる明確な理由と確信は「アーティスト」そのものであるだろう。

.

 

自由な町「京都」で好きなことをやっていきたい

「佐々木」氏は「京都造形芸術大学空間演出デザイン学科ファッションデザインコース」を首席で卒業したエリートである。

卒業制作学長賞の受賞など、人生で一番輝いている瞬間を「京都」と共に生きてきている。大阪出身の彼だが、「京都」で活動をしている理由はこれだけではない。

卒業してすぐにアーティストとしての活動をスタートした彼は「当時、企業に入ったら企業の方向性に沿ったデザインをしなければならないと思っていて、自分の善し悪しの感性が鈍るのではないかと思ったんです。今思えば絶対就職した方がよかったと思うんですけどね」と言い、「企業に入ったら色んなノウハウや勉強になることが山ほどあるので、作家になりたいと思っている方には’必ず就職しなさい’と言っています。就職した後、アーティストとしていくらでもできるから」と語った。又、もし過去に戻ったらどうしたいかという質問について「自分が一人でやっていると足りない部分があると感じているので、もし過去に戻るとしたら、まず、最初は自分が知らない世界に触れるチャンスのある’就職’という道を選びたいです。」と答えた。又、アーティストとしてのスタート舞台を「京都」に決めた理由について「大学が京都だったということもありますが、京都は自由な町だから作家としてやっていくにはベストな町であると思ったんです」、「自分が生まれ育った大阪も好きですが、大阪はビジネス競争の世界だから、自分がいいと思っている形のものを素直に作れるか少しだけ心配だったので…でも’京都’は僕の中で自由に好きなものを好きなだけやっていけるイメージがあったので’京都’でやっていこうと決めたんです。」と語った。

そんな彼の「京都」での学生生活はどうだったかという質問について「物作りに関しては一番真面目な学生でした。ジャケットを作るだけの課題で不必要にパーツを縦に16分割したりして、自分の首を絞めるようなことをいっぱいしていました。でもそれ以外の授業は真面目だったかって聞かれたらそうじゃないので、結果、真面目な学生じゃなかったかかも知れません」と微笑みながら話してくれた。

でも、物作りに関して熱心な彼の話を聞いて感じたものは、そんな彼がいたからこそ今の「作家」としての彼が存在し、現在、「京都」に「TRINITAS」が存在するのではないだろうか。

.

色んな経験をし、色んな人に喜んでもらいたい

「佐々木」氏は「昔の僕は他の作家さんに比べ、そんなに合同展示会やコラボレーションなどに参加している方ではなかったんです。‘一人でいいやん’と思っていたのかもしれません」と過去を振り返った。そんな彼の考えが変わるエピソードがあったという。そのエピソードは、「以前コンテストに参加したことがあって、ある作品に目が止まり、作家さんがかっこいいと思って出している作品だと思うけど、僕からしたらどこの部分をアピールしているのか把握できない作品があったんです。でも作った人からしたらそれはもちろんかっこいいと思って出しているわけで、その理由を聞いたら’あ!なるほど。そういうところをいいと思う感性なんだね’というようなことに気づいた時があったんです。」という。又、「コラボレーションの時も’僕の持っていない感性を入れてくれた方がお客様が喜ぶ時がある’ということが分かって、俺はこうした方ががこいいと思うけど、’あ!そういうプロセスなんだね’というのを見せられて、さらにお客様にそれを喜んでもらったりすると、それは自分一人ではできないことと思ったんです。」と語り、昔の考え方や今の考え方が変わっていることを説明してくれた。

又、それは作品を完成したあとでも共に作品を作り続ける彼の感性が加わり、作品を見た人に喜んでもらい、感動を与え続けている彼の思いやりが最も輝いた瞬間でもあるだろう。

.

.

なんでも自分のものにできるのは日本ならではのカルチャー

「佐々木」氏の作品を見た人によく「イギリスっぽい」と言われるという。

もちろん彼は「イギリスというカルチャーが好きなので、イギリスっぽくなるというのはあると思います。でもそれってイギリスっぽいと言われているだけであり、イギリスではないんですよね」、「僕は日本人だから、日本人が思うイギリスなだけであって、逆にイギリスの人から見たら、日本っぽいと思うかも知れません」と語る。

というところから見ると「いわゆる細かいとか、繊細というのがやっぱり日本のカルチャーであって、そういう日本の物作りをやっているということをアピールしたいですね」、「日本は輸入国だから、僕のイギリスっぽいところはそれとも似ていて、日本人には何でも柔軟に取り入れる血が流れてると思うんです。」と言い、「いい意味で’自分のものにしてしまう’というところが日本人のいいところ、もしくは日本らしさではないですかね」と語った。

「日本」は日本以外のものを素直に受け入れる国でもあるが、それを自分らのものにしてしまう特別な力を持っている国。それがまた「日本らしさ」に繋がるという彼の考え方が新鮮であった。「‘これが日本のすべてだ’というつもりではないですが、日本のすばらしさの一つに文化を敬いながら吸収、融合、昇華する力があり、それが一つの文化になっているということを示していきたいです」と語る彼のメッセージはとても印象的であった。

インタビューが終わる頃、もう一度彼の作品を見回っていたら、作品を見てくれる人への思いやりや、彼だけの感性、日本らしさが詰まっていることが感じられた。そして、それがとても素敵に思えた。

.

ショップ情報

SHOP 情報

ショップ名 : トリニタス TRINITAS
.
所在地: 〒604-8262 京都府京都市中京区宗林町82
/
電話: 075-708-5719
.
.
.
 .

.

.

 

.

「佐々木 亮太郎」Ryoutaro Sasaki

来歴

大阪市生まれ

2004年 京都造形芸術大学 空間演出デザイン学科 ファッションデザインコース卒業

卒業後は個人で活動しながら服を製作。

2010年9月 京都市中京区の油小路三条に工房兼ショップのTRINITASを開店

開店後はそこを拠点として様々な展示会を開催。

コンテスト等受賞歴

卒業制作 学長賞

卒業制作 混沌賞

ジャパンファッションデザインコンテストin山口 大賞